ミュゼの解約・クーリングオフ

ミュゼでクーリングオフは可能?

解約したらいつ返金される?

■ミュゼを解約したくなったらどうしよう… いざ、ミュゼで「脱毛をしよう」とツルスベ肌を目指して契約したものの、 辞めなければいけなくなってしまった…という人もいるはず。「予約が取りづらいのを契約した後で知った」「やっぱりお金がない…」「勢いで契約したが冷静になって後悔した」など、事情はさまざま。 では実際にクーリングオフが適用されるのは、どういったケースなのでしょうか? みんながミュゼのクーリングオフについて何とつぶやいているのか、 少しtwitterを覗いてみました。

『ミュゼのクーリングオフの書面出してきた!ネットの経験談を参考に書面はコピーしておいて簡易書留ハガキで。でもその後どういうアクションが来るとかまでわからなかったのもあって不安。フリーコールで聞くべきか。旦那さんは経験談と同じように出したなら心配ないとは言うけど…。』2015年 08月 29日 @ikujipurin

みんな、ポロっとクーリングオフ完了報告をつぶやいて、ホッとしている様子です。

では、ここからは、ミュゼのクーリングオフ制度についてみていきましょう。 そもそも、解約とクーリングオフの違いとは何でしょうか。まず、クーリングオフは英語表記で「cooling off」。 つまり頭を冷やしてもう一度考える時間を与えて、 一定の期間内であれば無条件で契約を解除できる制度のことです。 ミュゼのようなエステティックサロンは、 ちょっと難しい言葉ですが『特定継続的役務提供』というものに該当するので、 クーリングオフは契約から8日以内と特定商取引法という法律で定められています。 もちろんミュゼでもクーリングオフをしたら、全額返金されます。

これに対して、解約は、すでに受けているサービス分は支払わなければなりません。 返金があるのは、まだサービスを受けていない分となりますから、 脱毛の施術を既に受けている場合、その分は基本的に返金の対象になりません。 また、解約手数料が発生する可能性もあります。
ミュゼ解約

ミュゼでの脱毛契約を解約する方法

解約したい場合は、まずはじめに、コールセンターに電話をしてください。そこで解約したい旨を伝えます。解約をする際には書類に記入をしなくてはいけないため、事前にあなたが契約している店舗に解約の申し出をしたいとの趣旨を伝え、電話で日時を決めて後日来店をするようにしましょう。トラブル防止のために電話だけで解約手続きを完了させることができません。 返金の際に用意するものとしては、まず、契約時に交わした契約書と印鑑。返金を行う金融機関の口座情報のやり取りを行うので口座番号などが分かるものの用意が必要になります。。 現金での返金は行っておらず、キャンセル処理が必要なのでクレジットカードで契約した方はその時に利用したカードを持参してください。 必要なものを忘れてしまったがために、せっかく行ったのに解約手続きができなかったとなると、また余計な時間や労力がかかってしまいますよね。そうならないように、手続きで来店する前には必要なものを電話でしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。

ミュゼプラチナムの全額返金保証について

(ミュゼによる注意事項)

全額返金保証の保証金額は、「両ワキ脱毛完了コース」のご契約金額になります。 新たに「両ワキ脱毛完了コース」をご契約され、ご契約日から1年以内に解約されたお客様が対象です。

全額返金保証は、お一人様1回限りとさせていただきます。

全額返金後、再度、両ワキ脱毛のご契約をされる場合は、完了コースではなく、6回コースのみのご契約となります。

ご解約による返金期間に関しては、最終ご来店から1年以内であれば適用可能となります。

返金額の算出方法は、支払総額から消化額を引いた金額を清算金とします。

[清算金=支払総額?(1回あたりの料金×利用回数)]

詳しい算出方法は、店舗スタッフまでお問い合わせください。

解約に違約金は取られる?

結論から言うと、ミュゼでの脱毛契約の解約には違約金、手数料はかかりません。実際に解約した方の体験談もいくつかご紹介します。

『私も今解約手続き中で、今度店舗で手続きします。クレジット払いだったので同じくカード会社からの振り込みになります。 電話での説明では2、3か月後の振り込みと言われました(–;) 正直私も金銭的に…という理由で解約したので早く振り込みしてもらいたいです( ;∀;) 』

『ミュゼ通ってました^^ 私は全身で結局2、3回しか通えませんでしたが効果は実感しました。 完了まで通いたかったのですが仕事を辞め金銭的にキツくなったので生活費の足しに‥‥‥ と思い、返金して貰いました。 無理に引き止められるなんてまったくなかったです。 』

『本店通っていましたが不満が多々あり解約をしました。 ・6回目を終了し前腕はまあまあな効果ですが手の甲は全く効果なし。 ・毎回かゆくなりそれを伝えても対応をしてくれない。 ・予約が取れない。 ・毎回30分以上待たされる。 ・隣の部屋の人と順番にしているようで衛生面が不安、時間がかかる。』

体験談を見る限り、解約する際も無理に引き止められなかったという声が多いですね。解約しづらいと思う人の多くが「引き止められるかも」「いろいろ理由を聞かれるかも」などという不安を持っていると思うので、このような声がいくつもあると、解約を考える人も少し安心できそうですね。

クーリングオフの適用条件まとめ

ここまでで見てきたようにミュゼでの脱毛契約は『特定継続的役務提供』に該当するので、クーリングオフの対象になりますが、いざ自分がクーリングオフの制度を利用するとなった時に、戸惑うことなく、手順通りに進められる方は、ほとんどいないのではないでしょうか。 クーリングオフ制度というと聞いたことはあっても、やはり馴染みがなく、実際に自分の契約が適用されるのだろうかという疑問を抱いてしまいますよね。そこで最後に、クーリングオフの適用条件についてご説明したいと思います。ミュゼだけでなく、他の脱毛サロンでも同じなので、ぜひ参考にしてみてください。

クーリングオフの適用条件とは?

脱毛エステサロンで、クーリングオフが認められる適用条件は、

・契約してから8日以内に手続きを行うこと(8日目の消印まで有効)

・契約期間が1ヵ月以上であること

・契約金額が5万円以上であること

これらの3つがクーリングオフの適用条件となっています。

上記の3つが該当していないと、クーリングオフの手続きが出来ませんので、ご注意ください。

ここまで、解約とクーリングオフの違い、クーリングオフの適用条件、実際の体験談などを見てきました。少しは理解していただくことができたのではないでしょうか。とは言っても、なかなかイメージがつきにくいのがこういう契約関連のことですよね。やはり、疑問や不安があっても、直接、電話などで気軽に問い合わせてみるのが一番いいと思います。ミュゼのスタッフについては良い評判が多く、丁寧に話をしてくださると思いますよ。






ミュゼは今月末までキャンペーン中です>>
予約でいっぱいになるまえに申し込みしておきましょう

ミュゼプラチナムの詳細はこちら>>

脱毛サロン ミュゼプラチナム http://musee-pla.com/