ミュゼプラチナムはアトピーでも施術できる!

アトピーでもミュゼは脱毛してくれる

わたしの通った高校は、制服がひざ上のスカートですのでこの部位に関しては春夏秋冬1念を通して手抜きは出来ない部位でした。

また、高校の時に運動部に所属しており、毎日の練習時間はもちろんのこと、大会の際にはランニング、ショートパンツの姿にならなければいけませんでした。

もともと家系的に毛深いためひざ下・ひじ下のむだ毛処理は1~2日おきに必須項目です。

しかし、生まれて間もなくからアトピー性皮膚炎を患っており、カミソリを使用してむだ毛の処理をすることは肌への負担も半端ではなく、よくトラブルを起こしていました。

けれど、脱毛をするにはお金もかかるし、なにより電車で行かなければ行けない距離の場所にあったということもあって、高校時代は自己処理でいやだいやだという思いいっぱいで過ごしていました。

その後、自らお金を稼げるようになり、1人暮らしをはじめ、ストッキングをはいて毎日を過ごす日々になりました。

ちょうどそのころからメディアでミュゼのことを毎日耳にするようになり、ものは試しと、無料のカウンセリングを受けにいきました。

もちろん、大人になってからもアトピー性皮膚炎は継続しており、季節の変わり目やストレスが重なると悪化するという状態を繰り返していました。

そのことも含めてカウンセリングの時に担当になった方に洗いざらい相談しました。

すると、担当になった方も見た目でわかるくらい顔面にアトピー性皮膚炎特有の炎症を起こした後があり、親身になって相談に乗ってくれたことを今も鮮明に覚えています。

実際、アトピー性皮膚炎でも問題なく施術に臨むことができます。
なにより一番良かったと思うことが一つあります。

ほぼ毎日剃り続けたひざ下に関して、毛が一本一本太く濃くなって、毛穴も目立ってきておりましたが、毛自体が細くなっていくため毛穴も目立たなくなり、また、剃る回数を非常に減ったため、肌トラブルが激減したのです。

アトピー性皮膚炎のわたしにとってこれほどの感動はありませんでした。

大して剃らなくても躊躇することなく肌色ストッキングを履くことだってできるし、プライベートにおいてはショートパンツすら履くことができるようになったのです。

高校生ならば素足・素肌を出す機会がおおいので、小さいけれど、日々のお手入れはストレスになります。

だからこそ、是非チャレンジしてほしいと思います。

自身を持って素肌を出すことは表情も明るく、気持ちも上向きにしてくることなので、まずはカウンセリングへいきましょう。

(注意点)
ミュゼプラチナムにおいてアトピーをおもちの方が施術を受けられるかというと、病院で医師の同意書をもらってくるように言われることもあります。
また、強弱に関わらずステロイドを使用している場合、腫れ、痒み、赤みなど、程度は様々ですが、炎症を起こす例がありますので、気を付けるべきでしょう。

ミュゼではカウンセリングがしっかりしているので、不安な点はすべて話しておくことが大切です。

ミュゼプラチナムで定期的におこなわれている各種キャンペーン、これを上手く使うととってもお得な脱毛が出来るのです。 ただし、ここで注意点があります。 キャンペーンに目当てはいいですのですが、そこで簡単に契約をしてしまうと後で悩むことになるかも知れません。 ミュゼプラチナムと契約を交わす前に、契約書をちゃんと読み、不明な点は相手に聞いたりしてよく確認し、じっくり検討するのがよいでしょう。 安い料金や納得いくまで施術を受けられるというような美味しい部分ばかりに目がいってしまうと、あまりいい結果を持たらさないかも知れません。 体の二箇わけ上を脱毛しようと考える人たちの中には、掛けもちで脱毛エステ ミュゼプラチナムに通っている人が少ないとは言えません。 同じエステに脱毛処理を全てお任せするよりも、総額が低くなることが多いからなんです。 もっとも、エステを掛けもちするのは中々手間ですし、料金的に賢い選択と言い切れるケースばかりではありません。 費用を計算し、施術の結果をきちんと比べて、効率の良い掛けもちを心がけててください。






ミュゼは今月末までキャンペーン中です>>
予約でいっぱいになるまえに申し込みしておきましょう

ミュゼプラチナムの詳細はこちら>>

脱毛サロン ミュゼプラチナム http://musee-pla.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です